床リフォームのおすすめの業者は?

床のリフォームを考えた時、「床のリフォームっていくらぐらいかかるの?」「床リフォームの適正価格を知りたい!」「悪徳業者とは一切関わりたくない!」

 

こういった方が大半を占めると思います。

 

その中でも

 

「すぐに複数のリフォーム業者と交渉したい!」

 

あるいは、

 

「匿名でとりあえずリフォーム業者の概算価格を知りたい!」

 

という方がいらっしゃるとおもいます。

 

どちらの方でも無料で活用できるリフォーム業者の一括見積もりサービスをご紹介します。ぜひご自身に合ったサービスを活用してみてください。

 

また、できるだけ沢山のリフォーム業者の料金を比較したい方は、両方のサービスに登録すると、より効率的に比較検討できるのでおすすめです。

 

今スグ交渉したい!! 匿名で概算を知りたい

リショップナビ一括見積り
→完全無料で30秒入力

リノコ相場
→完全無料で10秒入力

床リフォームの種類とメリットとデメリット

床リフォーム業者

 

床リフォームをする場合、例えば和室の畳の部屋をフローリングにしたりといったことも可能です。ただ和室をフローリングにしてしまうと部屋の雰囲気が床と壁で会わないということもあるので床だけリフォームする場合には注意が必要になります。また逆にフローリングの部屋を畳の部屋にすることもできます。一時期は畳の部屋は人気が低迷していましたが、近年では再び畳はぬくもりがあってよいと再評価され、畳の部屋を作る人も増えてきているのが現状です。リフォームのやり方としては広いリビングの一角に畳のスペースを作るといったこともできるのですが、逆に空間が狭く感じてしまうこともあるのでバランスを見極めることが大切です。

 

古くて浮いてきてしまったり、傷ついてしまっているフローリングをリフォームする場合には、床材をどういった素材にするか選ぶことから始まります。床材はいくつか種類がありそれぞれに特徴があります。また料金も選ぶ床材によって大きく変わってきてしまうのできちんと見積もりを出してもらって比較することが重要です。

 

一般的に基本となるのが複合フローリングです。人工的に作られた合板の上に木材を張って作られているもので、この表面に張られている木材の種類や厚みによって料金も変わってきます。平均的な相場としては一平方メートルあたり4000円前後と比較的安価でリフォームすることができます。
単層フローリングは複合のものと違って単一の板によってつくられているものです。自然素材なので年数がたつと独特の味わいが出てくるのですが、複合フローリングと比べると単価が高くなってしまうというデメリットがあります。コルクを床に敷き詰めるコルクタイルは断熱性に優れていて、音を吸収するという特徴があるので防音性や吸音性が高く、シロアリに強いといった特徴があるのですが、費用が高く経年劣化がしやすいといったデメリットがある床材です。それぞれメリットとデメリットが存在していますので、しっかりと特徴をつかんで選ぶようにしましょう。

バリアフリーリフォームのポイント

床リフォーム費用

 

バリアフリーリフォームは、高齢者などのからだにハンディキャップがある人が、安心して暮らせるために行うものです。床の段差の解消や手摺の設置が主になりますが、介助する人にとっても使いやすいものである必要があります。バリアフリーリフォームは、使う人の身になった改修を行うことが大切です。床の段差のどこが不便かや、どの場所に手摺を設置したらよいかを考えて、改修する必要があります。

 

床の段差はなるべく無くしたほうが良いのは言うまでもありません。特に、床につけられた数センチの段差は、案外邪魔になるものです。和室と洋間の間には段差が付きやすいので、それを解消するための改修が必要です。浴室と脱衣室の間にも段差があるので、解消を目指す必要があります。段差は室内だけに限りません。アプローチや玄関廻りのちょっとした段差は、高齢者にとってつまずき易いものです。

 

手摺の設置はバリアフリーリフォームの主要な工事項目となります。手摺が必要となるのは、トイレ・浴室・玄関・廊下の各部分です。それ以外でも、立ち上がりの部分には手摺が必要な場合もあります。高齢者は長い廊下を手摺無しに歩行するのは苦手です。廊下を手摺をつたいながら歩けることで、高齢者の家の中での行動は楽なものに変わります。家の中で大きな段差があるのは玄関です。玄関の段差を手摺無しで越えることは難しく、手摺の設置が求められます。トイレや浴室には専用の手摺があるので、それを使うと便利になります。

 

バリアフリーリフォームは費用を抑える必要があります。高齢者を介助する生活では、何かと出費がかさむものです。バリアフリーリフォームにかける費用を抑えることで、他の事にお金を使うことができます。介護保険はバリアフリーリフォームにも適用が可能です。使える金額や要件が決まっているので、それに合わせて使うことができます。工事は手馴れた業者に依頼するのがポイントです。バリアフリーリフォームは経験が無いと上手にはいきません。経験豊富な業者に依頼することが大切となります。

リフォームに適した場所とは

床リフォーム申込

 

・今まで住んでいた家が古くなって使い勝手が悪くなった。
・自分が使いやすい家を安く作りたい。

 

持ち家を考えている人の多くが考えることです。私自身、家を持ってから数年で同じことを考えました。なぜなら、家は住む前と住んだ後で使い勝手のイメージがかなり変わるからです。家に住み始めてから、一番多く使いにくさを感じるのはキッチンです。毎日使いますし、掃除も大変です。
どうしても使い勝手が悪いと感じたら、リフォームをお勧めします。リフォームは実はリーズナブルで短時間で済むコスパの良い住まいの改善方法です。そしてキッチンが家の中で最もおススメできる場所なのです。

 

キッチンは家の中で一番汚れやすい所です。システムキッチンは毎日の汚れが必ず付きますし、換気、排水、壁紙にも調理の油汚れ等が付く場合もあります。システムキッチンや換気扇、排水などの寿命は15年程度。この寿命を目安に交換することが推奨されていますが、あくまでそれは「利用できる限界」です。実際は10年もかからずに何かしらの不具合は生じます。また、壁紙の張替え時期も長くて10年と言われていますが、調理中の汚れなどが付いた壁紙は早く取り替えたいですよね。

 

今まではいろんな不便さを感じながらも使っていたキッチンを綺麗に、使いやすく、ストレスのない空間にすると毎日が変わります。朝の忙しい時間に作っていた料理が今まで以上に早く出来上がり、今までしたくても出来なかったことに時間を割けるようになります。お休みの日にお菓子を作ったり、大量の作り置きおかずを作るときにも快適に集中して作ることができます。そして何よりうれしいのが、最新のキッチンで汚れが付きにくく、落としやすくなることです。いっぱい作っても今までよりもかかる時間が短く、掃除も簡単になったら家のストレスってほとんど無くなると思いませんか?毎日の生活のストレスが、キッチンをリフォームするだけで楽しい時間に変えられます。生活しにくい!と思ったらキッチンのリフォームがおススメです。

リノベーションとリフォームの違い

床リフォーム見積

 

家は建築直後から劣化が始まり、時間の経過と共に耐久性も機能性も衰えてしまいます。それだけに定期的な改装工事は欠かせません。近年ではリノベーションとリフォームという2種類の形態から選べるようになってきました。もちろん両者には特徴とメリットが異なりますので、正しい知識を身につけることが先決です。

 

リノベーションは改装工事の中でも比較的大規模になる傾向があります。それは間取りそのものを変えてしまうなど、大胆な工程が必要だからです。この方式が目指すものは機能の追加や改善による価値の強化に他なりません。古い住宅では元々断熱性や快適性に乏しい物件もよく見られます。段差なども大変多く、お年寄りや足が悪い人にとっては生活自体が困難を伴いかねません。さらに現在の耐震基準を満たしていないために震災時に倒壊する家屋も少なからず報告されています。これではストレスが溜まる一方で、大切な家族や財産を守ることもできません。かといって建て直すと時間も費用も嵩んでしまいますから充実した改装工事が選ばれるようになりました。

 

リフォームの場合、目的はあくまで元通りに修復することです。腕のいい職人あらば新築同然にまで戻すこともできますが新たな機能を付け足すようなことはできません。新築時の状態が気に入っており、変える必要性が見られないならばこの方式でも十分でしょう。ただライフスタイルや家族構成は一定ではないため快適な住まいづくりのためにはリノベーションの方が有用です。

 

最初から全て一新してしまうのではなく、気になる部分だけを改善するという手もあります。基本的にはリフォームを推し進めつつ浴室などをリノベーションすることも一般的です。使っていない部屋が台所に隣接しているならば、空間を繋げてシステムキッチンにするのもいいでしょう。このようにリフォームとリノベーションは使い分けることが大切です。住まいの専門家と共に理想の状態を模索して、自宅の住み心地を高めていきましょう。

デザイナーズリフォームとは

床リフォーム相場

 

今大人気のデザイナーズリフォームですが、これは名前の通りデザイナーがリフォームを行うという意味であり、「今ある住処を訪れたお客さんが感心するような素敵な家にしたい」という方や「センスのあるカッコいい住まいに変えてみたい」と考えている方に非常に人気があります。現代は住まいに対してオシャレ感や格好良さを求める時代になってきています。例えばインターネットや雑誌などで、驚くような素敵な住まいが紹介されていることがありますが、それらの多くはデザイナーズリフォームによってつくられていることが多いです。

 

住宅や賃貸物件が古くなってしまい、リフォームを行うといった場合には、たいてい古くて問題となっている箇所を新しくして、不便な点を改善するというケースがほとんどですが、デザイナーズリフォームの場合は、問題点を改善するだけではなくさらにその仕上がりもハイセンスになるように工夫されてリフォームされます。オシャレ好きな人や普通とは異なる住宅に住んでみたいと考えている方にはオススメでしょう。普通の住宅では多くの人たちに受け入れられるように良くも悪くもデザインは決まりきったものがほとんどですが、デザイナーズリフォームでは、デザインした人間の感性が反映されており、仕上がりも目を見張るものになります。当然訪れる来客の方も、そのデザインにインパクトを覚えるでしょう。デザイナーズリフォームは他の同じ条件の物件と比較しても、やや費用は高価です。

 

デザインそのものは気に入っているものの、費用が高くて維持できない、住み続けることもままならないといったことにならないように注意が必要です。また費用面以外にも、住みやすさは重要です。デザインにこだわりすぎるあまり、構造的にいびつになり、逆に住みにくいデザインになっていないか、設備的に不十分になっていないかといった点は気を付けるべきです。実際に住んでみて快適かどうかということをよく考慮するようにしましょう。